×

『UNO』の東和産業、パチスロPB機「どんだけ」の導入を開始

『UNO』などの屋号で首都圏を中心にパチンコ店29店舗を運営する東和産業グループは14日、一部の運営店舗でパチスロPB機「どんだけ」(JPS製)の導入を開始した。

本機は同グループのオリジナルキャラクター「どんだけ」をモチーフとした完全告知タイプで、リール左下の「どんだけ~」ランプ点灯でボーナスを告知する。またボーナス図柄が特徴的で、数字の「7」が一般的なところ、本機は「1」をあしらったデザインとなっている。

設定は3段階で、ボーナス合算確率は161.0分の1~128.5分の1。BBとRBの2種類のボーナスを搭載し、最大獲得枚数はBBが252枚、RBが72枚となっている。

現在、『有楽町UNO』『中山UNO』『鶴見UNO』『新橋UNO店』『ZoRoN』などで導入が確認されており、順次、導入店舗は増える見込み。

東和産業株式会社

イスラ
どんだけさんとコラボしたいらぁ。
お願いしてみたら。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『楽園相模原店』ホームページより 神奈川県相模原市にて新築パチンコホール『楽園相模原店』のグランドオ ...

2

1月度の最多導入となった「P牙狼GOLD IMPACT」(サンセイR&D) 今回は2023年1月度の ...

3

保安通信協会(保通協)は1日、2023年1月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島