×

太陽財団、令和3年度の助成対象事業を決定

北海道内において『パーラー太陽』などを運営する太陽グループの公益財団法人太陽財団はこのほど、令和3年度助成対象事業の20件を決定した。

109件の応募の中から令和3年度のスローガンである「今、できること。」に相応しい活動を厳正に審査し、地域の伝統を継承する事業、障がい者・高齢者福祉の充実向上を目指した事業等、学生からシニアまでの幅広い世代による北海道の各地域で繰り広げられる観光・産業、社会福祉、教育・スポーツ、芸術、伝統・文化などの広範多岐にわたる事業を選定した。助成金額は合計1406万1000円。

同財団では2001年度より北海道のための「地域づくり活動」を応援する助成事業を継続的に実施しており、21年間の助成総件数は398件、助成総額は2億8500万円となった。なお、令和3年度の「助成対象事業贈呈式」は、令和3年2月下旬に札幌市内のホテルにおいて開催を予定している。

公益財団法人太陽財団


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島