×

プローバグループ、障がい者支援活動としてきょうされん広島支部へ寄付金と車いす1台を寄贈

プローバグループは21日、障がい者支援を目的に きょうされん広島支部へ10万円の寄付と車いす1台を寄贈した。

プローバグループでは、1996年より作業所で働いている障がい者を同社が運営するアミューズメント施設へ招き、ボウリングやカラオケ、ゲームといった「遊び」の体験やスタッフとの交流を通して、自立のための支援活動を行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染状況を鑑みてイベントを中止。イベントは中止となったが、少しでも役に立てることはないかとの考えから、この度、寄付と車いすの寄贈を行うこととなった。

同社は「これからも企業理念である『地域社会への貢献』をひとつでも多く形にすべく支援活動を継続していく」としている。

プローバグループ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:78件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

パチンコ主力機種における中古価格がまだまだ右肩上がりで推移している。新規則機時代へと突入して以降はめ ...

2

『PIA八王子』(パチスロ館) 「JR八王子駅」の北口近くにて営業してきたパチンコ店『コスミック八王 ...

3

ここ数年、”アイドル店員”と呼ばれるパチンコ店の女性スタッフがSNSを通じて店舗の宣伝活動を行うこと ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島