パチンコ業界ニュース 業界団体

全日遊連、11月の組合加盟店舗数は前月比17店舗減の8321店舗

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)がこのほど発表した「組合加盟店舗実態調査」の結果によると、2020年11月末の営業店舗数は前月末より17店舗少ない8321店舗(前年同月は8896店舗)となった。

新規店舗は11店舗(前年同月は4店舗)、廃業店舗数は30店舗(前年同月は35店舗)、11月中に発生した休業店舗数は15店舗(前年同月は11店舗)で、新規店舗数は前年同月より増加し、廃業店舗数についても前年同月よりも下回った。

遊技機の設置台数は、パチンコは224万4213台(前月比マイナス1650台)、パチスロは146万3636台(同マイナス2424台)。前月から変動がなかったその他37件を含めた総設置台数は前月から4074台減少し370万7886台となった。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.