新台 パチンコ業界ニュース

自力感に特化した純増9枚のAT「超祓魔RUSH」搭載 平和、新台「パチスロ 青の祓魔師」を発表

平和はこのほど、新台「パチスロ 青の祓魔師」(オリンピア製)を発売すると発表した。全国のホールへの導入は2021年3月7日を予定する。

本機は、2009年5月に月刊ジャンプスクエアで連載が開始されて以来、テレビアニメ、劇場版、ゲームなど幅広い分野で展開されている人気コンテンツ「青の祓魔師」とのタイアップパチスロ。プレイヤーのヒキがゲームを大きく左右する、自力感に特化したゲーム性が大きな特徴となっている。

AT「超祓魔RUSH」は純増9枚の自力継続型で、いつ転落するか分からないドキドキ感のある「自力ZONE」と、転落抽選の無い安心できる「無敵ZONE」をループさせメダルを増やすゲーム性。突入時は「無敵ZONE」からスタートし、10回or15回or20回の規定ナビ回数を消化するまで継続。この間はAT転落抽選はなく、ベルナビ10回ごとにVストック抽選が行われるほか、レア役でナビ回数の上乗せ抽選が行われる。

一方、リプレイ・ハズレで転落の危機となる「自力ZONE」中も、ベルナビ10回ごとのVストック抽選やレア役による「無敵ZONE」への昇格抽選に期待。転落時は継続ジャッジ演出が発生し、成功すれば再び「無敵ZONE」に突入。Vストックがある場合も「無敵ZONE」に復帰する。

ゲームフローは、規定ゲーム数の消化によりCZ「エクソシストバトル」を目指し、CZ成功でATに突入する流れ。このほか通常時は、レア役等で「マイスターポイント」を貯め、ポイントが一定数貯まると「マイスターチャンス」に突入し、「祓魔力(ふつまりょく)」がアップ。この「祓魔力」が高い状態でCZに突入するとAT当選のチャンスとなる。

株式会社平和


©加藤和恵/集英社・「青の祓魔師」製作委員会・MBS

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.