×

フェイスグループが熊本2店舗目となる『フェイス570新市街』をグランドオープン

『フェイス570新市街』(2021年1月15日撮影)

昨年12月26日、熊本市中央区に『フェイス570新市街』(運営・フェイスグループ)がグランドオープンした。

「フェイスグループ」は福岡県に本拠を構え、21店舗を運営する言わずと知れた有力チェーンだ。なお、熊本では昨年7月にオープンした『メガフェイス1450本山』に続いて2店舗目となる。

フェイスグループが老舗ホールを吸収、熊本では2店舗目

元々営業していた『プラザ新市街店』は地元で有名な老舗ホールであった。長い改装期間を経て大改装を施すも、コロナ禍などによる影響は大きかったのだろう。残念ながら長い歴史に幕を閉じることとなっている。なお、「プラザ」の屋号を冠するも、宣翔物産とは全くの別会社である点も付記しておきたい。

そんな同店の跡地へ居抜き出店したのが『フェイス570新市街』だ。その名の通り、設置台数は計570台。同社のイメージ的には小さい物件という気もするが、好立地店舗故の判断なのだろう。オープン前から非常に興味深かったホールの一つである。

提携駐車場マップを店外表示するなど、グループ内唯一の駅前型店舗として工夫がみられる

同店はレイアウトが面白い。主の出入口がやや狭いことから、一部パチンコ島を斜めに配置している。また、パチスロは半円状の島とし、パチンコとパチスロの中央にカウンターを配置。これらが実に洗練された印象をもたらしていると評せるだろう。

同店を視察した1月15日午後の店内状況は、まだグランドオープンの余韻が残っていて、顧客の大半が青年層という印象。彼等の多くはスマホを片手に遊技を行っていた。パチスロは小役ウンターを使用している者も多い。一方で、パチンコは「Pとある魔術の禁書目録」「P真・北斗無双 第3章」など新台の稼働が高い印象である。

ちなみに全台各台計数システムにもかかわらず、他店に比して圧倒的にスタッフ数が多いのも特徴的だった。遊技客をうまく誘導したり、遊技台の清掃・消毒にも余念がない。

同店は自前の駐車場を持たない、フェイスグループ内では唯一の駅前型店舗である。その運営にも注目していたが、店舗入口に電光掲示板で提携駐車場及びマップが示されていた。他店でも提携駐車場はあるが、同店ほどわかりやすくは掲げていない。この細やかな情報の提供が安心感を生んでいるように見えた。この辺りはさすがといえよう。

店舗 FACE570新市街
日程 2020年12月26日グランドオープン
住所 熊本県熊本市中央区新市街7-3
検索 google店舗検索
URL https://www.p-world.co.jp/kumamoto/face570shinshigai.htm
備考 ※『プラザ新市街店』跡地

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

藤商事は27日、パチンコ新機種「Pとある科学の超電磁砲 最強御坂ver.」(オレンジ製)の発売を発表 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

オーイズミは23日、東京都千代田区秋葉原の「GRACE BALI秋葉原店」においてパチスロ新機種「パ ...

-パチンコ業界ニュース, グランドオープンレポート, パチンコホール情報
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島