×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

上半期の販売タイトル数の減少が響き、減収減益 ~SANKYO、第3四半期決算を発表

SANKYOは8日、2021年3月期第3四半期(2020年4月1日~2020年12月31日)の決算短信を発表。売上高は410億円(対前年同期比マイナス33.6%)、営業利益は42億5300万円(同マイナス59.7%)、経常利益は50億6100万円(同マイナス55.5%)、四半期純利益は41億400万円(同マイナス68.3%)。上半期の販売タイトル数の減少が響き、減収減益となった。

パチンコ機関連事業では、「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」(3万2100台)、「フィーバークィーンⅡ」(1万2500台)などを主に販売。売上高は370億5200万円(対前年同期比マイナス22.0%)、営業利益は97億9900万円(同マイナス16.5%)、販売台数は累計8万6266台(同マイナス26・2%)となった。

一方、パチスロ機関連事業では、販売タイトルは「シャア専用パチスロ 逆襲の赤い彗星」のみ。販売台数は4145台(対前年同期比マイナス82.5%)に留まり、売上高16億9800万円(同マイナス82.2%)、営業損失21億5700万円(前年同期は24億100万円の営業利益)と大幅な減収減益となった。

第4四半期以降は、パチンコホールの購買意欲の回復を見込み、新機種投入を加速させる方針。パチンコでは「フィーバーアイドルマスターミリオンライブ!」や「フィーバー戦姫絶唱シンフォギアLIGHT VER.」、パチスロでは「パチスロ アイドルマスター ミリオンライブ!」(Bistyブランド)などを販売し、通期で当初の計画通りパチンコ15万台、パチスロ2万8000台の販売を見込んでいる。

なお、2020年8月7日に公表した業績予想の変更はない。

株式会社SANKYO

コメント (0)

編集部の注目記事

1

『麗都つくば』 ホール4団体による誓約書確認機関のリリースによると3月上旬時点で21世紀会決議を遵守 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.