×
布研磨機用使い捨てベルト

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

セガサミーHDの第3四半期決算、コンシューマ分野の好調を背景に利益面の改善進む

2021年2月15日

セガサミーホールディングスは12日、2021年3月期第3四半期(2020年4月1日~2020年12月31日)の決算を発表した。

連結経営成績(累計)は、売上高2101億7700万円(前年同四半期増減率マイナス25.2%)、営業利益135億2700万円(同マイナス51.8%)、経常利益125億7400万円(同マイナス51.4%)、四半期純損失62億3900万円(前年同四半期は229億8900万円の純利益)で減収減益となった。

遊技機事業において、パチスロでは「パチスロ七つの大罪」(6206台販売)、「回胴黙示録カイジ沼」(1361台販売)など3タイトルを販売し、累計販売台数は1万2487台(前年同期は10万5860台販売)。パチンコでは「P真・北斗無双 第3章」(4万3741台販売)、「Pビッグドリーム2激神199Ver.」(4231台販売)などの3タイトルを販売し、累計販売台数は5万9359台(前年同期は7万5094台販売)。パチンコ・パチスロともに販売台数が減少した結果、売上高373億7200万円(前年同期比マイナス56.7%)、経常損失87億7100万円(前年同期は194億8000万円の経常利益)と減収減益。

また同日、エンタテインメントコンテンツ事業におけるコンシューマ分野の好調が持続している事を主因に、営業利益・経常利益が大幅に改善し黒字転換する見込みになったとして、通期の連結業績予想を修正。売上高2760億円(前回予想値からの増減額マイナス70億円)、営業利益90億円(同プラス105億円)、経常利益70億円(同プラス120億円)、当期純損失30億円(同プラス215億円)に上方修正した。

セガサミーホールディングス株式会社

コメント (0)

編集部の注目記事

1

現在、パチンコ業界では一部改定された21世紀会決議に基づく進捗計画の新目標に沿って新規則機への移行を ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.