×

パチンコ業界ニュース ホール

「お風呂で温泉気分を味わいながら身体を休めて欲しい」 キスケ、オリジナル入浴剤8000個を医療従事者に寄贈

愛媛県でパチンコ店『PAO』を展開するキスケ(愛媛県松山市)は、新型コロナウイルス感染症対策に携わる医療従事者に向けて「喜助の湯オリジナル 入浴剤」を寄贈。その贈呈式が12日、愛媛県松山市の愛媛県庁において開催された。

「伊予の湯治場 喜助の湯」愛媛県松山市)と「しまなみ温泉 喜助の湯」(愛媛県今治市)の温浴施設2店舗を運営する同社は、コロナ禍への対応が長期化するなか第一線で奮闘している医療従事者に感謝の気持ちを伝えると共に、お風呂でゆっくり温泉気分を味わいながら身体を休めるお手伝いができればとの想いから、「喜助の湯オリジナル入浴剤3種(とうがらし・にんにく・しょうが)」計8000個を寄贈した。

同社は「地域を大切にするという創業者の想いを受け継ぎ、今後も地域のお役に立てる活動に尽力いたします」としている。

キスケ株式会社

コメント (0)

編集部の注目記事

1

過去の業界通Pの「聞一以知十」 ・10月5日はパチンコ業界にとって歴史的な日になるかもしれない ・仏 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.