×

「お風呂で温泉気分を味わいながら身体を休めて欲しい」 キスケ、オリジナル入浴剤8000個を医療従事者に寄贈

愛媛県でパチンコ店『PAO』を展開するキスケ(愛媛県松山市)は、新型コロナウイルス感染症対策に携わる医療従事者に向けて「喜助の湯オリジナル 入浴剤」を寄贈。その贈呈式が12日、愛媛県松山市の愛媛県庁において開催された。

「伊予の湯治場 喜助の湯」愛媛県松山市)と「しまなみ温泉 喜助の湯」(愛媛県今治市)の温浴施設2店舗を運営する同社は、コロナ禍への対応が長期化するなか第一線で奮闘している医療従事者に感謝の気持ちを伝えると共に、お風呂でゆっくり温泉気分を味わいながら身体を休めるお手伝いができればとの想いから、「喜助の湯オリジナル入浴剤3種(とうがらし・にんにく・しょうが)」計8000個を寄贈した。

同社は「地域を大切にするという創業者の想いを受け継ぎ、今後も地域のお役に立てる活動に尽力いたします」としている。

キスケ株式会社


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島