×

神奈川県遊協、交通事故抑止への支援で神奈川県警より感謝状

神奈川県遊技場協同組合(神奈川県遊協)は22日、横浜市神奈川区の組合会議室において神奈川県警察から感謝状を受領した。

感謝状は、神奈川県遊技場防犯協力会連合会を通じて、神奈川県警察本部運転免許センターに対して「高齢者の交通事故抑止の啓発に使用するモニターテレビ」を寄付した事によるもの。贈呈式では、清水昭人交通部長が組合を訪れ、「交通安全の普及啓発の重要性を深く認識され、高齢ドライバーの安全運転を支える取り組みに多大の貢献をいただきました」と謝意を述べ、伊坂重憲理事長に感謝状を贈った。

神奈川県では2020年に65歳以上の高齢者が56人(前年比プラス5人)交通事故で亡くなっており、うち12人が自動車乗車中で、前年から7人増加しているという。清水部長は「昨年の緊急事態宣言を受け、運転免許事務が一時停止するなど、免許更新がその後込み合うなどした。加えて、高齢者の交通事故が増加傾向にあるところから、県警としても重要対策事項として防止に力を入れている。免許更新にこられたドライバーに向け、周知できる大きなアイテムをいただいた。これを活用して県内の交通安全対策をさらに推進していきたい」と述べた。

伊坂理事長は「私もドライバーの1人であり、安全運転を心がけています。今後も交通安全への広報啓発活動に出来る限り協力を続けたい」と述べた。

神奈川県遊技場協同組合


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:78件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島