×

パチンコ業界ニュース 業界団体

PAA、パチンコホールにおける広告宣伝の実態をまとめたレポートを発表

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)はこのほど、パチンコホールにおける広告宣伝の実態をまとめた「広告動向と意識の調査2020年版」を発表した。

PAAが独自で実施したこの調査は、昨年11月1日~11月20日の間に、パチンコホール企業12社(875店舗相当)とPAA会員の広告・メディア企業27社から回答データを集め分析した。質問では、2020年2月から9月の間について、2019年との同月間とを比べた調査などを行った。

パチンコホールの広告宣伝費・販売促進費の前年比推移については、ピークは7~8月だった。2月~9月間の平均は最大71%から最少50%となり、60%台が最多の回答となった。ホールが広告宣伝・販促に利用しているインターネットサービスは、「LINE」が最も多く91.7%で、「P-WORLD」が75.0%、「自社ホームページ」が66.7%となった。

期間中重視した考え方については、ホールでは「効果性を重視する」とした回答が「やや重視する」「とても重視する」と合わせて91.7%となった。一方、広告会社とメディア企業では「社内改革」を「やや重視する」「とても重視する」と回答した企業が合わせて97.0%となった。そこでは、事業ドメインレベルでの変革(広告以外、ぱちんこ以外)も重視されている。変化の要因としては、ホールと広告・メディア会社に共通して挙げられるのは「広告効果の変化」「行動や市場の変化」「入替頻度の変化」。これらは2020年2月以前から続く依存問題と射幸性の抑止、さらにそもそもメディア環境の変化が背景にあるものと考えられる。

調査は広告・宣伝WGが担当し、東洋大学現代社会総合研究所の柳井猛晶氏と、法律関係有識者である生島靖也氏の監修を受け、広告宣伝の実態を把握し、今後の議論に用いられるデータを積み上げるべく実施した。

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)

ジーマ
やっぱ今はLINEを使ってるホールが多いんだね。
緊急事態宣言明けた直後にいっぱいパチンコホールからLINEきたらぁ。
イスラ
コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島