×

プローバグループ、広島大学病院のファミリーハウスへ運営資金を寄付

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどを展開するプローバグループのプローバホールディングス(本社・広島市安佐南区)は、株式会社広島銀行とともに広島大学病院のファミリーハウス(広島市南区)に対し運営資金として10万円を寄付した。

これは、同社が銀行保証付私募債(地域まちづくり貢献型)を発行し、株式会社広島銀行の手数料の一部を利用し、地域社会への貢献を目的とした寄付・寄贈を行う私募債。今回の寄付は、主に小児がんの治療のために、広島大学病院に入院している患者の家族が、付き添いなどで宿泊する際に利用する施設であるファミリーハウスの運営に活用される。

同社は「これからも、私どもプローバグループの企業理念である『地域社会への貢献』をひとつでも多く形にすべく、支援活動を継続していく」としている。

プローバグループ

ジーマ
プローバグループはほんといろんな取り組みを行ってるね。
すごいらぁ。
イスラ

コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」