×

パチンコ業界ニュース ホール

キスケ、「スタッフ手帳」の活用を通じて働き方・仕事の質が向上

愛媛県松山市に本拠を構えるキスケが運営するキスケPAOグループは、2月1日より同社オリジナルの「スタッフ手帳」の活用をスタートした。

手帳は出勤したその日に「1カ月の目標」「今日やるべきこと」「顧客接点の可視化」「明日の課題・振り返り」などを記入し上長に提出する。タスクや数字の可視化、始業前に目標を立てることが習慣化され、働き方や仕事の質が向上。また、上長が提出された手帳に毎日コメントする仕組みを作ることで、店舗内のコミュニケーションが均等に図れるようになり、普段積極的に発言していないスタッフの意見も汲み取ることができるようになったとしている。

同社がスタッフ手帳を導入したきっかけは、ホール企業・湖月(本社・山口県下関市)との店舗交流を行った際、スタッフ手帳を活用するメリットを知り、魅力的に感じたからだといい、目標設定や振り返りなどの共通した業務に対して、手帳を活用した意識の変化や習慣化、部下へのフォローの方法を参考にして作成した。

同社では「これからも『遊びを通じて、喜びを創り続ける』という理念のもと、お客様に楽しい時間を提供するだけでなく、従業員も楽しく成長できるよう、業務に取り組んでいく」としている。

キスケ株式会社

イスラ
いろんな手帳があってかわいいらぁ。
どんなこと書いてるんだろ。
ジーマ
コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島