×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

ニューギン、直営店で新台「P花の慶次~蓮199ver」のテスト導入を実施

ニューギンは13日、同社の直営店『パーラーニューギン』(名古屋市中川区)において、パチンコ新台「P花の慶次~蓮199ver」(型式名:P花の慶次~蓮M-V YT500)」のテスト導入を開始した。

本機は「花の慶次」シリーズ初となる時短突破型のゲーム性を採用した「P花の慶次~蓮」のライトミドルバージョン。大当り確率は199.8分の1で、初当りの99%を占める「天下道BONUS」(3R通常)後の100回時短「天下道MODE」中に引き戻すことで「天下無双RUSH」突入となる。RUS」は転落抽選(131.86分の1)による継続方式で、トータル継続率は約80%。RUSH中の大当りは70%が10Rと高い出玉感が魅力となっている。

『パーラーニューギン』では、本機を4円パチンコに3台、1円パチンコに5台、0.5円パチンコに1台にそれぞれ設置。当日の開放前には平日にも関わらず待ちわびたエンドユーザーが列を作るなど、期待の高さが伺われた。

同店の加藤弘幸店長は「ニューギンのメインコンテンツであり、ライトミドルタイプとして、若年層から年配層まで幅広く楽しんで頂けると思っている。新型コロナウイルス感染予防をしっかり行っているうえ、ハイスペックの空気清浄機も設置しているので、安心して遊技して頂ける」と述べた。また、同店に20年以上通い続けているという常連の男性(60代)は「やはりニューギンは『花の慶次』なので、新機種が出ると並んでしまう」と語った。

株式会社ニューギン

ジーマ
年配の人も慶次が好きなんだね。
だがそれがいいらぁ。
イスラ

©隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YOT-241

コメント (0)

編集部のオススメ

1

ハッピーロード大山商店街 業況浮上へ新型コロナワクチンの接種状況が一つのカギとされている。7月27日 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.