×

パチンコ業界ニュース ホール

床面積1000㎡超のパチンコ店に休業要請 東京、大阪、兵庫、京都に3度目の緊急事態宣言

2021年4月24日

1回目の緊急事態宣言時は約99%のパチンコ店が休業した。

政府は23日、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の4都府県を対象に、緊急事態宣言を発令した。4月25日~5月11日までの期間、感染拡大の抑制に取り組む。

同日、大阪府は新型コロナウイルス対策本部会議を開き緊急事態宣言に基づく要請などを協議。人出を抑制するため府内の施設に休業などの措置を要請することとし、パチンコ店は床面積1000㎡超の店舗には特措法第24条第9項に基づく休業を要請。床面積1000㎡以下の店舗に対しては法に基づかない協力依頼として、適切な入場整理、午後8時までの営業時間短縮を求める。

また、東京都においてもパチンコ店は休業等を要請する施設に含まれており、床面積1000㎡超の店舗には特措法第24条第9項に基づく休業を要請。床面積1000㎡以下の店舗に対しては休業の協力依頼を行う。

東京都の対応に関して、東京都遊協では22日に東京都の小池百合子知事にパチンコ店を休業要請の対象に含めないよう文書で要請。パチンコ店を休業要請の対象とする場合は、「証拠に基づいた納得のいく理由と東京都において過去1年間に積み上げたであろうデータと分析を基にした科学的知見による感染防止対策を明示するよう」求めていた。

なお、対象地域において25日から休業することをホームページなどで案内しているパチンコ店は確認されていない(※4月24日午前9時現在)。

大阪府が示した緊急事態宣言に基づく要請

コメント (1)

編集部の注目記事

1

パチンコ・パチスロ産業21世紀会(21世紀会)は7日、旧規則機の取扱いに関する「パチンコ・パチスロ産 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.