×

キスケ、グループ全店に「緊急時飲料提供自販機」設置へ

愛媛県でパチンコ店『PAO』を展開するキスケ(愛媛県松山市)は、同社が運営する全ての店舗・施設に「緊急時飲料提供自販機」を導入すると発表した。

緊急時飲料提供自販機とは、通常時は普通の自動販売機として飲料の販売を行い、自然災害や緊急事態が発生し停電になった場合に、キー操作や専用ハンドルを回すことによって自動販売機に必要な電力を供給し、飲料製品を被災者などに無償提供することができる自動販売機。これまで『キスケPAO東雲店』(愛媛県松山市)にのみ設置していたが、「新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、いつ発生するかわからない自然災害に対しての備えも並行して取り組む必要がある」との考えから、運営する全ての店舗・施設(計16台)に設置することとなった。

松山市・今治市と「災害時支援協定」を結ぶなど、近年は防災活動にも積極的に取り組んでいる同社。引き続き「お客様や地域の方にとって安心してご利用いただける施設として、有事に備えたサポートを充実していく」としている。

キスケ株式会社

イスラ
お財布の緊急事態が発生したときにも飲ませて欲しいらぁ。
アカンやろ。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島