×

パチンコ業界ニュース 業界団体

3月のRSN電話相談、前月比49件増の379件

パチンコ依存問題の相談機関であるリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は、4月23日に発行した機関紙「さくら通信」(第168号)を通じて電話相談状況を報告。それによると、2021年3月の電話相談件数は379件(支援室43件含む)で前月より49件増加した。

3月期における年ごとの比較では、2019年3月が515件、2020年3月が401件と減少傾向が見られた。なお、2006年4月からの累計相談件数は4万534件となった。

相談件数379件のうち初回相談は182件あり、本人からの相談は159件(87%)、家族・友人23件(13%)。本人性別では、男性127件(80%)、女性32件(20%)。本人からの相談経路の内訳は、ホール内ポスター86件、インターネット50件、不明・拒否12件、ホール配布物5件、ホール折込チラシ3件、家族・友人・知人2件、ホール貼付ステッカー1件だった。

また本号では、ギャンブル等依存症問題啓発週間(5月14日~20日)においてWeb形式でパチンコ・パチスロ依存問題フォーラムを開催すると告知。今回のフォーラムでは、パチンコ依存問題に詳しい専門家が一般の人々に向けて、それぞれの立ち位置から分かりやすく解説や提言をする動画コンテンツのほか、パチンコ依存問題に関する情報や遊技産業の取り組みなどが紹介されているとして、RSNでは「ぜひ一度のぞいて下さい」と呼びかけている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

ジーマ
年単位で見ると電話相談件数は減ってるんだね。
コロナの影響なのからぁ?
イスラ
コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.