×

パチスロの適合率が改善、3カ月ぶりに30%台に ~保通協型式試験4月

保安通信協会(保通協)は6日、2021年4月における型式試験の実施状況を公表した。4月はパチスロの適合数増加に伴い、適合率は今年1月以来、3カ月ぶりに30%台まで改善した。

資料によると、パチンコは結果書交付84件(前月比マイナス20件)に対して適合33件(同マイナス9件)で、適合率(適合件数/結果書交付)は39.3%(前月は40.4%)とほぼ横ばい。一方のパチスロは結果書交付85件(前月比プラス5件)に対し、適合は26件(同プラス6件)で適合率は30.6%(前月は23.8%)となった。

また、4月中の受理件数はパチンコ89件(前月比マイナス6件)、パチスロ84件(同マイナス9件)。

なお、先月15日に日電協と日工組が発表した「有利区間3000ゲームリミッタ規制」に対応したパチスロの型式試験申請が今月20日以降、開始される予定となっている。

保安通信協会(保通協)

ジーマ
今月の中旬から新内規のパチスロが持ち込まれるんだね。
楽しみらぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:100件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『マルハン福井大和田店』店舗外観 パチンコホールを全国にチェーン展開するマルハングループは4月27日 ...

2

※画像はイメージです。 インボイス制度。これは新しい仕入税額控除の方式であり、来年10月から導入が開 ...

3

SANKYOは24日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバー戦姫絶唱シ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島