×

宣言下での広告宣伝について大島理事長「充分な配慮が必要な厳しい状況」 ~PAA理事会

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は、4月22日に開催した理事会など4月の活動状況について発表した。

理事会では、大島克俊理事長が3度目となる緊急事態宣言措置による業界の対応についてふれ、「パチンコ店を含む集客型の施設は、厳重な感染対策をしたうえで、ユーザー側の心理的状態もくみ取る必要がある。我々広告事業者はそもそも広告が可能なのか、またできたとしても充分な配慮が必要な厳しい状況にある。こういう時だからこそ、PAAは知恵を出し協力しあいながら活動を継続し、みんなでがんばっていきたい」と述べた。

アドバイザーの茂木欣人氏(日遊協・風営法PT委員長)は、消費税の軽減税率制度の実施に伴い、2023年10月1日より導入が予定されている消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)について、今年10月から「適格請求書発行事業者」の登録申請が始まることから、業界内で消費税対応・インボイス制度についての理解を深める時期にあること、将来的なキャッシュレス社会の中で、パチンコ業界のあるべき姿や可能性などを、関係団体と情報交換をしながら模索している現状などを共有した。

また、モンキー・アドヴァタイジング(本社・東京都新宿区)の新規入会により2021年4月現在の会員企業数は60社となった。

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)

ジーマ
ホール組合は広告宣伝の自粛を呼び掛けてるしね。
大変らぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島