×

機構、2020年度の立入検査店舗数は1663店舗

遊技産業健全化推進機構(機構)は10日、2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の立入検査実施状況を発表。それによると、立入検査店舗数は1663店舗(うち計数機149店舗)で、総検査台数はパチンコ5663台、パチスロ5999台、玉計数機134台、メダル計数機15台の1万1811台だった。

また、機構では2020年1月から依存防止対策調査を、同10月からは検定期間・認定期間の確認調査を行っており、依存防止対策調査は50都府県方面2006店舗に対して実施(2021年3月31日現在の承諾書提出ホールは51都府県方面8704店舗)、検定期間・認定期間の確認調査(2020年10月〜2021年3月)については33都府県方面830店舗に対して実施したことを報告した。

遊技産業健全化推進機構(機構)

イスラ
いろんなことチェックするの大変そうらぁ。
やっぱりコロナで立入検査店舗数が減ってるね。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:182件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島