×

平和21年3月期決算、新型コロナの影響で遊技機事業・ゴルフ事業ともに減収減益

平和は13日、2021年3月期の連結決算を発表。売上高1077億4400万円(対前期増減率マイナス25.5%)、営業利益53億1100万円(同マイナス77.4%)、経常利益57億9900万円(同マイナス75.1%)、純利益8億6500万円(同マイナス94.5%)。新型コロナウイルスの影響に伴う、遊技機事業における販売台数の減少、ゴルフ事業における顧客単価の低下等により、減収減益となった。

遊技機事業においては、パチンコは「ルパン三世 復活のマモー」(1万6040台販売)、「戦国乙女6 暁の関ヶ原」(1万6014台販売)等を発売し、販売台数は4タイトル4万9890台(前期比マイナス4万5593台)。パチスロは「南国育ち30」(1万7733台販売)、「戦国乙女3 天剣を継ぐもの」(6200台販売)等を発売し、販売台数は6タイトル3万5393台(前期比マイナス3万3524台)。

パチンコ・パチスロ共に販売台数が前期を下回り、セグメント別の売上高は332億9200万円(前期比マイナス46.0%)、営業利益は2億8700万円(同マイナス98.4%)で、減収減益となった。

ゴルフ事業では、新規に5ゴルフ場を取得。第2、3四半期における来場者の大幅な回復があったものの、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による第1四半期における業績の落ち込みを補うまでには至らず、セグメント別の売上高は744億5200万円(前期比マイナス10.2%)、営業利益76億2400万円(同マイナス17.9%)だった。

2022年3月期は、旧規則機が撤去期限を迎えるため、2021年3月期よりも入替需要が高まることを想定し、パチンコ8タイトル10万8000台(前期比プラス5万8110台)、パチスロ5タイトル5万2000台(前期比プラス1万6607台)の販売を見込む。またゴルフ事業では、「商品価値の向上」「経営イノベーションの推進」「良質なゴルフ場取得の継続」を重点方針として、更なる成長を目指していくとした。

2022年3月期の連結業績予想は、売上高1507億円、営業利益223億円、経常利益214億円、当期純利益139億円とした。

株式会社平和

ジーマ
販売台数的には一番は「南国育ち」なんだ。
「ルパン」まだ打ってないらぁ。
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島