×

パチンコ業界ニュース ホール

緊急事態宣言に伴い休業していた都内のパチンコ店『カレイド新宿店』、本日16日より時短で営業再開

政府からの緊急事態宣言を受け、4月25日より臨時休業していた『カレイド新宿店』(東京都新宿区)は本日5月16日より営業を再開した。5月31日までは営業時間を短縮(10時から20時)したうえで営業する。

同店ホームページに掲載している案内では、5月12日から緊急事態宣言が延長された中での営業再開について、「現時点でも『責任』と『補償』の所在が明確ではなく、更には政府と都で内容が異なるいわゆるダブルスタンダードになっていることから、独自の指標を決め、感染状況により再開の判断をさせていただくことと致しました」と説明している。

同店独自の基準とは、「東京都の人口10万人あたりの新規陽性者数が7日間で25人を超えていない」「東京都のPCR及び抗原検査の陽性率が7日間で10%を超えていない」「東京都の病床使用率が50%を超えていない」「東京都の重症病床使用率が50%を超えていない」の4項目。これら4項目のうち、2項目以上クリアしていれば政府の指示に従い20時までの時短営業、1項目しかクリアしていない際は東京都の指示に従い休業する方針を示している。

なお、これらの指標は政府が定める「ステージ4」から「ステージ3」に移行するための値を参照したという。

イスラ
新台導入のチラシは5月12日になってるらぁ。
休業する前から作ってたんだろうね。
ジーマ
コメント (0)

編集部ピックアップ

1

今年の年末年始営業は大量導入が行われた新台の効果により稼働は良かったと聞く。特に昨年末に登場したパチ ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島