×

新台 パチンコ業界ニュース

未体験の衝撃演出「逢魔刻(オウマガトキ)」 山佐グループが新台「パチスロ零」リリース

山佐ネクストはこのたび、新台「パチスロ零」の販売を開始した。全国パチンコホールへの導入は2021年7月上旬を予定する。

本機は、世界一怖いゲームを目指して制作された和風ホラーゲームとのタイアップ機。自力要素満載の周忌怨霊封印AT「ZERO」で出玉を増やしていくゲーム性で、特徴は未体験の衝撃演出となる全く新しいジャッジ演出「逢魔刻(オウマガトキ)」。最長2分間のフリーズにおいて、怨霊に襲われたら「ZERO」が確定、襲われなかった場合でもAT「当主狂乱」に突入し、当主を倒せばZEROへと昇格する。

「逢魔刻」における恐怖体験は9種類用意されており、内容によって登場する怨霊と告知タイミングが変化。いつ怨霊に襲われるか予測できない恐怖と衝撃告知により、これまでなかったドキドキ感を体験できる。

AT「ZERO」は怨霊とのバトルに負けない限り続く、自力継続ガチバトル仕様。AT突入時と継続時は準備中(継続G数8G+α、純増約1.0枚/G)へと移行し、その間にバトルを優位にするアイテムを獲得、規定G数消化で「周忌バトル」(周忌G数20G+α、純増約2.8枚/G)がスタートする。

バトルは怨霊の体力を0にできればAT継続という分かりやすい流れ。怨霊の体力を減らす主な契機は射影機(ベル)とレア役、さらにリプレイと1枚役は霊力ゲージ(MAXになると後の展開を有利にする)UPに期待できるゲーム性となっている。周忌G数が0Gになると勝負の鍵を握る「択当て」演出が発生し、4択の押し順正解で大ダメージ+周忌G数が上乗せとなる。

大当りへのメインルートは規定G数到達。「零ボーナス」「逢魔刻」からAT「ZERO」を目指す。

山佐グループ

ジーマ
「逢魔刻」はいつ当るか分からないからかなりドキドキできそう。
マジで怖そうらぁ。
イスラ

©コーエーテクモゲームス All rights reserved. ©YAMASA NEXT

コメント (0)

編集部の注目記事

1

本稿では、パチスロ30パイ機の設置状況について集計を行った。データは弊社DB「新P‐Search」よ ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.