×

撤去期限切れ旧規則機の未撤去115店舗に ~誓約書確認機関が活動状況を報告

ホール4団体誓約書確認機関は26日、パチンコ・パチスロ21世紀会決議が定める旧規則機の期限内撤去未履行のパチンコホール259店舗のうち、139店舗において当該遊技機の完全撤去が確認されたことを全機連に改めて通知した。また5店の閉店・廃業も併せて通知した。

残る設置店は17都道府県で115店舗あり、都道府県別の内訳は、愛知県48店舗、千葉県21店舗、岐阜県13店舗、茨城県10店舗、鳥取県5店舗、神奈川県3店舗、栃木県3店舗、奈良県2店舗、大分県2店舗、北海道、宮城県、群馬県、埼玉県、東京都、三重県、大阪府、岡山県は各1店舗。

イスラ
愛知県民って「沖ドキ!」がそんなに好きなのらぁ?
てか、もうさすがに外すでしょ。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:101件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『マルハン福井大和田店』店舗外観 パチンコホールを全国にチェーン展開するマルハングループは4月27日 ...

2

※画像はイメージです。 インボイス制度。これは新しい仕入税額控除の方式であり、来年10月から導入が開 ...

3

SANKYOは24日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバー戦姫絶唱シ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島