×

パチンコ業界ニュース 業界団体

組合員パチンコホール数は前年度比マイナス62店舗の715店舗 ~東京都遊協、リモートで総会を開催

東京都遊技業協同組合(都遊協)は26日、東京都新宿区の遊技会館において第54回通常総代会を開催。緊急事態宣言下にあり、組合員の多くがリモートにより議事を運営した。

冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、規則改正の経過措置1年の延長やセーフティネット等の公的資金の対象業種適用、パチンコ店の換気対策動画など、コロナ禍の昨年1年間を振り返ったうえで、「新型コロナウイルスは1年以上にわたり世界中で人類を苦しめているが、ワクチン接種の拡大、遊技機性能の見直しなど、明るい話題も見られる。来年の新年会こそは、皆さまと一同になり、明るい未来を共に祝いたい」と組合一丸となった取り組みを要請した。

総会では、警視庁生活安全部の江口博行風俗保安対策官がリモートにより行政講話を行い、「旧規則機の計画的撤去」「依存対策の積極的な取組み」「広告宣伝への健全化」「暴排徹底の取り組み」の4点についてそれぞれ遵法営業を要請した。

議事では、全8議案を原案通り承認。事業報告によると、組合員店舗数は715店舗(前年度比マイナス62店舗)。遊技機台数は前年度比で1万8155台減少し、28万529台となった(それぞれ2021年3月末の数値)。臨時理事会では、副理事長の異動があったことから副理事長及び委員会委員の選定、21世紀会決議内容の一部改定(5月7日)について決議した。

東京都遊技業協同組合(都遊協)

ジーマ
都内のパチンコ店、62店舗も減ったんだね。
大変らぁ。
イスラ
コメント (0)

編集部の注目記事

1

本稿では、弊社が独自に集計したデータベースを元に、パチンコ経営企業のランキングを紹介する。 今回は、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.