×

PAAが5月定例理事会を開催

パチンコ業界の広告・宣伝に関わる企業で構成される一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は5月26日、定例理事会を開催した。

大島克俊理事長は、ギャンブル依存問題啓発週間に開催した会員限定ウェブセミナー「ギャンブル等依存症問題勉強会」について、「学びの場をみんなで作り、その学びを業界に活かしていくことはPAA設立時からの思いとしてあった。この1年はコロナ禍により、思うように開催できなかったが、今回改めてその役割を実感した。これからも定期的に開催し、会員の活動に役立てていただけるよう企画していきたい」と述べた。

勉強会では、リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表、出向して相談業務に携わったマルハンの鈴木智一氏が講演し、広告事業者の立場から依存問題への取り組みを考察した。大島理事長は「講師の西村氏、鈴木氏からもPAAに対して貴重なアドバイスをいただいていた。そうした内容を取り込みながら活動を広げていきたい」とした。

続いて、篠原弘志相談役が21世紀会が発信した撤去機の期限改定(5月7日)や、インボイスが導入された際の対応案について予測を交えて解説。また、アドバイザーの茂木欣人氏はGWを中心に緊急事態宣言下の営業に混乱はなく、各店舗の配慮や工夫などが活かされた結果だと評価し、業界団体が取り組み始めたキャッシュレス決済の研究について概略を解説した。

このほか、理事会ではコムシード(本社・東京都千代田区)の新規入会を承認。これにより会員企業は64社となった(2021年5月現在)。

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)

ジーマ
いろんな活動してるよね。
メインは「“ファン”が選ぶパチンコ・パチスロ大賞」らぁ?
イスラ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島