×

パチンコ業界ニュース 業界団体

出玉性能・広告宣伝・イベントは「ぱちんこ関連のギャンブル等依存症の原因になるとは言えない」 日遊協の依存問題防止研究会が報告

日本遊技関連事業協会(日遊協)は7日、本部会議室においてオンラインを使い、パチンコ・パチスロ依存問題防止研究会報告に関する記者会見を行った。

同研究会は、遊技障害に対する社会的要請から、科学的な調査研究に基づく効果的な対策を模索することを目的に、日遊協30周年記念事業の一つとして2018年10月に活動を開始。公正中立で、なおかつ依存問題に関する専門知識を持つ外部有識者で構成されている。脳科学者の篠原菊紀座長(諏訪東京理科大学教授)は、遊技者に対して約2年間で3回の追跡調査を行い、出玉性能、広告宣伝やイベントは「ぱちんこ関連のギャンブル等依存症の原因になるとは言えない」との調査分析結果とした。また、コロナ禍で「ぱちんこ関連のギャンブル等依存症が増えたとは言えない」や、「健全プレイ(金額制限、時間制限)の推進が予防的に有望」とした。

さらに、今回の調査などを踏まえた上で「ぱちんこモデル2021」として、「①ぱちんこ遊技は個人の選択と責任である」「②事業者は、プレイヤーが適切な選択ができるよう、正確な情報を提供する」「③安全なぱちんこプレイは可能だし、ほとんどの人はそのように遊んでいる」「④高いリスクの人(※)にとっては、ぱちんこが自身や家族に大きな害となりうる」「⑤ぱちんこ遊技での問題を減らすのに、断ぱちんこは必須ではない」「⑥ぱちんこで問題が生じているプレイヤーでも、参加の制御は可能である」の6項目を示した。

同研究会では、今後も継続して調査・分析を進め、遊技業界における依存問題に関する知見を積み重ねたいとしている。

日本遊技関連事業協会(日遊協)

パチンコ・パチスロは大人の嗜みらぁ。
イスラ
ジーマ
本来はそうなんだけどね。

※高いリスクの人...不安、抑うつ、衝動性が高い人。刺激希求性が高い人がストレスを感じている時。両価性の強い人。自分はぱちんこがコントロールできないと思っている人。併存障害を持つ人。「暮らし」「仕事」「学習」「余暇」に楽しさが見いだせない、生きづらい。

コメント (1)

編集部の注目記事

1

弊社が独自に集計したデータベースを元に、パチンコ経営企業に関する様々なランキングを紹介する「情報島ラ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.