×

パチンコ業界ニュース その他のニュース

「パチンコ誕生博物館」の杉山一夫氏がパチンコのルーツに迫る新著書を発刊


横須賀市の自宅を改装して「パチンコ誕生博物館」を開設した版画家の杉山一夫氏は21日、著書「パチンコ」(発行・法政大学出版局)を発刊した。

本著書は、2008年に出版した「パチンコ誕生 シネマの世紀の大衆娯楽」(発行・創元社)に次ぐ大作。収集したパチンコ台ほかの遊技機、映画、文学、写真、新聞、特許資料、そして関係者たちの証言等を駆使して、パチンコ史の全貌を描き出している。

杉山氏は本著書発刊にあたり「パチンコは戦後、正村竹一が考案した『正村ゲージ』によって大発展を遂げたと語り継がれてきた。その正村ゲージは、実は正村が考案したものではないのである。現在流布されているパチンコの歴史のうそを暴き、正しい歴史を後世に残したいという思いで、この書を綴った」とのメッセージを「パチンコ誕生博物館」のホームページに掲載している。

パチンコ誕生博物館

ジーマ
正村ゲージは正村さんが考案したものではないというのは本当なのかな?
調べるの大変らぁ。
イスラ
コメント (0)

編集部のオススメ

1

ハッピーロード大山商店街 業況浮上へ新型コロナワクチンの接種状況が一つのカギとされている。7月27日 ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.