×

パチンコ業界ニュース その他のニュース

【レポート】状況関係なくフル稼働、「辛めな印象」が課題 ~中古価格200万円超えのパチンコ新台「P牙狼月虹ノ旅人」

話題機「P牙狼月虹ノ旅人」の導入が始まっている。出玉力や速度といったスペック面で発表時より注目を浴びていたが、一方で工場被災や部材不足を理由とした納品延期に販売数の制限と紆余曲折もあった。結果的には導入より高稼働を記録しており、同機の中古価格は22日現在で約210万円と暴騰している。

『BIGディッパー新橋1号店』

本稿では東京都近郊で同機の導入店舗の稼働調査を実施した。なお調査対象については店舗規模、設置規模、県境、交換率など複数要素の違いを含みつつも、定期的に稼働調査を実施して通常稼働を把握している店舗を意図的に選択している点にご留意頂きたい。

調査目的は「牙狼」の稼働を状況別で見ておきたかった、というものだが、結果から言うと「状況関係なしにフル稼働していた」となる。

多少の空席が出来ている原因は端的に「調整」なのだが、基本的には回る回らない関係なく席は埋まっている。辛めの運用が目立つ店舗においては少しの遊技で席を立つユーザーも確認できたが新たに店内に入ってきたユーザーがすぐに着席していた。パチンコ稼働がそれほど良くない店舗であっても同機だけは満席となっており、店舗によっては近隣に置かれた「真・牙狼」などシリーズ機まで満席になるなど「牙狼」目当てで来店し、空席待ちで他機種を打っている様子も多く確認出来た。現時点では交換率や再プレイ比率等よりも単純に設置台数の多い大型店から順番に埋まり、中小店舗へと空席を求めるユーザーが移動している段階である。同機を導入出来ていない店舗も多く、需要に対して販売数は非常に少ないと感じられ、同機によって店舗全体の稼働が底上げされている現状も踏まえれば中古価格の暴騰も納得がいく評価である。

『エスパス日拓上野新館』

好調な稼働を確認できた一方で多少の懸念も散見される。まず大量設置店舗でも大量の持ち玉を確保したまま遊技しているユーザーが少なく、ある程度取りきった段階で退席しているものと考えられる。一撃特化のスペックであり当然の行動だが、裏を返せば調整状況が期待ほどではないために粘らないとも取れる。機械のスペック自体は並だが右を削り辛く、他主力機と比較すると1000円あたりのスタートは少なくなりがちな点も調整が辛いという印象を強めている。

台数不足によって空き待ちが発生している現状で稼働面は抜群だが、入れ替わりの多さが目立つようであれば早々に失速する恐れがある。また単発終了時の持ち玉が少なく、通常復帰時の専用モード等がない為に残った4、500玉を打ち切って退席という展開が多い。打ち切って30回転以下と明らかにスタートの厳しさを感じさせる台も目についた。なお遊タイム機能の搭載によって夕方以降の稼働に不安があるものの、出玉速度は抜群の速さとなっていることや空席待ちが多いことから他の遊タイム搭載機に比べると空きが出るのは遅い。

『ウエスタン葛西店』

筆者も同機をある程度遊技したが、初当り3回に対して単発、2連、単発と残念ながら爆発力や出玉速度は体感できなかった。また1000円あたりのスタートは約16~17回、都内の店舗で現金投資かつ交換率を考慮すると調整の良い部類ではあるが、思ったより回らないなという感覚だ。

演出面についてはこれまでのシリーズ機を打ったことがあるなら不満はほとんどない。特に演出バランスはどこからでも程よく期待が持てるものであり、他メーカーも参考にしてほしいとまで感じられた。大量出玉を体感する前に不満の多さでうんざりしてしまうような機械ではなく、回りさえすれば遊技意欲をそそられる優秀な機械である。しかしながらコロナ禍や新規則機移行と、「牙狼」で利益を取らねばどこで取るのかという問題もある。調査からは如実に「辛くても動く」という結果が出ているだけに、長期貢献か短命か、選択はホール次第だ。

コメント (4)

編集部のオススメ

1

「旅パチ」企画はたんなる思いつきからはじまった ある日の編集会議。「情報島」をより多くにひとたちに閲 ...

-パチンコ業界ニュース, その他のニュース

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.