×

パチンコ業界ニュース 業界団体

神奈川県遊協が通常総会、伊坂理事長を六選

神奈川県遊技場協同組合(神遊協)は23日、横浜市西区の横浜ベイホテル東急において第55回通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で2011年から理事長を務める伊坂重憲氏を六選した。

総会において伊坂理事長は、「娯楽の多様化が進み、また消費税増税に加え、受動喫煙防止への対策を迫られ、さらに追い打ちをかけるようなコロナ禍で、遊技場に来られる遊技客の減少が続いている。そんな中でも、安心パチンコ・パチスロアドバイザーの育成や自己申告・家族申告プログラムの導入など、お客様の依存・のめり込み対策についても様々な対策を行っていただいている。また、旧規則機の撤去についても業界の未来のため、身を切るような思いで進めていただいているところであり、本年5月にはパチンコ・パチスロ産業21世紀会の決議内容が改定され、今後も計画的に旧規則機の撤去が行われますようよろしくお願い申し上げる」と述べ、旧規則機の計画的な撤去を呼び掛けた。

来賓祝辞では、神奈川県警察本部生活安全総務課の平野洋一課長代理、同暴力団対策課の西広一郎排除対策官らが登壇。このうち、平野課長代理は遊技業界を取り巻く情勢について「全国的にはくぎ曲げによる不正改造事犯、賞品買取の事犯が発生しており、厳正な取締りを行っている。会員メール、掲示物等を利用して射幸心をそそる、いわゆる広告宣伝に関する違反も散見される。引き続き組合全体が共通認識の元、健全化に向けた取組みを進めて欲しい」と遵法営業、依存対策の推進を要請した。

議事では、全10号議案が上程され、原案通り承認した。

神奈川県遊技場協同組合

イスラ
理事長の黒マスクが気になるらぁ。
ダブルスーツのが気になる。
ジーマ

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

編集部ピックアップ

1

株式会社ユーコーリプロ/金海基浩常務取締役 残り2ヶ月で100万台 最終撤去期限まで残り2ヶ月と迫っ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島