×

機構、2021年度第1四半期の活動実績を公表

遊技産業健全化推進機構(機構)は13日、機構検査部が2021年度第1四半期(2021年4月1日~6月30日)に実施した立入検査活動等の実績を公表した。

期間内の立入検査店舗数は全国19都府県方面で277店舗(うち計数機検査は26店舗)、検査遊技機数は1930台(パチンコ機920台、パチスロ機1010台)、検査計数機数は26台(玉24台、メダル2台)。昨年同期と比べると、検査店舗数が109.1%(昨年度254店舗)、検査遊技機数が118.4%(昨年度1670台)、検査計数機数が63.4%(昨年度41台)となった。

本年度の目標店舗数は1500店舗(依存防止対策調査を除く)で、機構は「現時点においては事業計画を下回るペース」とし、東京都等に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、遊技機検査を中止するなどの措置を講じたためだと説明している。

また、遊技機検査時における検定期間・認定期間の確認調査のほか、497店舗において依存防止対策調査を実施した。

遊技産業健全化推進機構(機構)

イスラ
パッスロのは検査数多いらぁ。
なんでだろ。
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:367件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ海老名店』 神奈川県海老名市にて営業中のパチンコホール『キコーナ海老名店』は、パチンコ機7 ...

2

ガイアグループにとって約2年半ぶりとなる新築ホール『メガガイア調布』がいよいよ明日8月9日(火)にグ ...

3

北海道函館市にて営業中のパチンコホール『イーグルベイプラス函館店』がベガスベガスグループへと事業承継 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島