×

撤去期限切れ旧規則機の未撤去店舗、16都道府県44店舗に ~最多は千葉県16店舗

ホール4団体誓約書確認機関は13日までに、パチンコ・パチスロ21世紀会決議が定める旧規則機の期限内撤去未履行のパチンコホール264店舗のうち、220店舗(うち7店の閉店・廃業)において当該遊技機の完全撤去が確認されたことを全機連に改めて通知した。

撤去が確認された店舗は6月9日の前回発表時より30店舗増加。5月末に「沖ドキ!(-30)」が改正規則上における認定の有効期間が満了となったために、愛知県での撤去が進んだ。

当該遊技機の設置を続けている店舗は16都道府県で44店舗。都道府県別の内訳は、千葉県16店舗、茨城県6店舗、鳥取県4店舗、神奈川県3店舗、北海道2店舗、岐阜県2店舗、奈良県2店舗、宮城県、群馬県、埼玉県、東京都、愛知県、三重県、京都府、大阪府、岡山県は各1店舗となった。

イスラ
北海道の設置店、前回発表から増えてるらぁ。
再設置したんかな?
ジーマ

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:179件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島