×

販売台数増加も21億円の純損失 ~藤商事、2022年3月期第1四半期決算

藤商事は30日、2022年3月期の第1四半期決算短信を発表した。

それによると、売上高34億7300万円(対前年同期比プラス4.8%)、営業損失17億7600万円(前年同期は17億5500万円の営業損失)、経常損失17億3400万円(前年同期は17億1700万円の経常損失)、四半期純損失21億7600万円(前年同期は24億4000万円の純損失)。対前年同期比で販売台数は増加し、増収となった。

期中は、パチンコにおいて新規タイトル「P地獄少女 きくりのお祭りLIVE」(3700台販売)のほか、「P緋弾のアリア  緋弾覚醒編」(2900台)の追加販売など計1万1000台(対前年同期比プラス39.1%)を販売。なお、パチスロの新機種の発売なかった。

2022年3月期の連結業績予想に変更はなく、売上高346億円(前年比プラス28.5%)、営業利益20億円(同プラス421.3%)、経常利益20億円(同プラス311.0%)、当期純利益14億円を見込む。

株式会社藤商事


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島