×

パチンコ適合率、2カ月連続で20%台の低水準 ~保通協型式試験7月

保安通信協会(保通協)は2日、2021年7月における型式試験の実施状況を公表。パチンコは結果書交付63件(前月比マイナス15件)に対して適合17件(同マイナス3件)で、今年の最低値を更新。また、適合率(適合件数/結果書交付)は27・0%(前月は25・6%)と、6月に続き20%台という低水準で推移した。

一方パチスロは、結果書交付75件(前月比マイナス1件)に対し、適合は21件(同プラス6件)で適合率は28・0%(前月は19・7%)と改善が見られた。

なお、7月中の受理件数はパチンコ84件(前月比マイナス6件)、パチスロ84件(同マイナス8件)だった。

保安通信協会(保通協)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島