×

pp奨学金が一般社団法人化

社会福祉法人さぽうと21によってスタートした「パチンコ・パチスロ奨学金(pp奨学金)」は、一般社団法人パチンコ・パチスロ奨学金へ移行したことに伴い、7月12日に第1回総会を開催した。

pp奨学金は、社会福祉法人さぽうと21の指導・協力のもと、2017年に遊技業界の有志により発足。パチンコホールに「募玉募金箱」を設置し、遊技客から寄付された玉やメダルを原則1玉4円、1枚20円相当の金額に換算、さぽうと21を通じて、成績優秀で勉学への意欲があるにもかかわらず、経済的な理由で修学が困難な若者を対象に、返済しなくてもよい給付型奨学金を毎年支給している。

これまでに全国の高校、大学、専門学校等の学生から応募があり、延べ161名に対し、総額7602万円を給付している。

総会では、代表理事を務める吹浦忠正氏が「pp奨学金は全国の多くの方々のご支援、ご尽力があって5年目を迎えています。感謝を申し上げます。今の日本は大変な格差社会で、困窮している人はたくさんいます。その分、pp奨学金への期待も大きいと思っています。その期待に応えていくには、将来、公益法人となり、寄付のしやすい、また会員になりやすい体制を作る事が必要だと感じています。それがひいてはパチンコ業界に対するイメージの向上に役立ち、そしてパチンコ・パチスロの客を増やす事にもつながっていくと思います」と述べた。

総会ならびに理事会で、会長に阿部恭久氏、副会長に韓裕氏、代表理事に吹浦忠正氏を選任するなど、役員の選任を行った。

一般社団法人パチンコ・パチスロ奨学金


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年3月9日、神戸市兵庫区にNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)が運営するパチンコホール『Sup ...

2

8月に新潟の遊技機販売会社が破綻した。その影響は存外に大きいと言われている。取引先のパチンコホールは ...

3

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島