×

日遊協、人事担当者を対象にフォーラム開催

羽山雄介副委員長

日本遊技関連事業協会(日遊協)の人材育成委員会は7月29日、会員企業の人事担当者を対象とした「第18回人材育成フォーラム」をウェブ会議システムを活用して開催。29名が参加した。

冒頭、挨拶した都筑善雄理事は「人事部門ではコロナ禍での意識変化に加え、DX(デジタルトランスフォーメーション)、リモートワーク、ダイバーシティ、セカンドキャリアなど法律の改定や新しいワードが次々に出てきている。新しい取り組みは待ったなし。同じ局面に立っている担当者同士が積極的に意見交換できるようこの場を設けた」とフォーラムの開催趣旨を述べた。

今回のフォーラムでは、セミナーは行わず、人事担当者同士の情報共有に特化したプログラムを企画。テーマを「採用」「労務」「研修」「ダイバーシティ」に絞り、参加者4~5名とファシリテーターを務める委員1~2名のグループに分かれてディスカッションを行った。

ディスカッション後には、各グループの内容を全体で共有。「採用」のグループからは、多様な採用タイミングの効果的な手法や求人媒体の選択、他業種展開している企業のケースなどが挙げられた。「労務」のグループでは、コロナ禍での業務関連の対応とワクチン接種の社内ルール(ハラスメント防止を含む)、店舗の適正人数の変化や評価制度など、話題は多岐にわたった。また、「ダイバーシティ」のグループでは、男女ともに若年層の店長を目指さない横斜めのキャリアプランや、ベテラン層のセカンドキャリア考察、副業の是非や、副業可とした場合のメリットや実例などが共有された。

終了後のアンケートは大多数が満足と回答し、「ホールとメーカー、業種の違いはあっても、人事の悩みは共通であるとわかった」「業界の仲間、他社の幅広い年代の方々と、共通するテ ーマで課題感を共有し、基本楽しく、気持ちのあがる時間を過ごさせていただいた」「他のテーマも気になることがたくさんあった。次回があったらぜひ参加したい」といった感想が寄せられた。

最後に羽山雄介副委員長は「今各社の人事担当者は同じような課題を抱えておられるように思う。また経営層が比較対象とする先が、他業界の大手企業の在り方であったりするケースも増えてきている。このフォーラムをきっかけに、ダイレクトに情報交換できるような人脈を作っていただければ」と述べた。

日本遊技関連事業協会(日遊協)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島