×

SANKYOの第1四半期決算は減収減益 第2四半期以降、有力タイトルの投入を加速へ

SANKYOは5日、2022年3月期第1四半期連結決算を発表した。売上高109億3200万円(前年同期比マイナス39.1%)、営業利益7億6800万円(同マイナス79.5%)、経常利益11億9200万円(同マイナス71.5%)、四半期純利益9億4400万円(同マイナス71.0%)で減収減益。新型コロナウイルスの影響、新規則機への入替需要などに鑑み、投入タイトルを少数に留めたことが響いた。

期中のパチンコ機関連事業における主な販売タイトルは「フィーバー革命機ヴァルヴレイヴ2」(1万1100台販売)と、「フィーバーパワフル」(5800台販売)の2タイトル。販売台数は2万2300台(前年同期比マイナス33.1%)に留まり、売上高91億8900万円(同マイナス45.8%)、営業利益19億8100万円(同マイナス63.4%)となった。

パチスロ機関連事業における販売タイトルは「パチスロ マクロスデルタ」の1タイトルのみで、販売台数は2367台(前年同期比プラス653.8%)。その結果、売上高10億2900万円(同プラス389.8%)、営業損失3億3800万円(前年同期は7億2200万円の営業損失)となった。

第2四半期以降は、新規則機への入れ替えが本格化することを見据え、準備を進めてきた有力タイトルの投入を加速させるとしている。

2022年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、パチンコ15万4000台、パチスロ3万台の販売を計画し、売上高730億円、営業利益89億円、経常利益96億円、当期純利益66億円を見込む。

株式会社SANKYO


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:302件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『ピータイムおもろ』 沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイ ...

2

8月15日週はお盆休み中ということで新機種導入はなし。翌週も新機種は少ないので次回大型入替は9月上旬 ...

3

『MGM国領店』 東京都調布市にて新たなパチンコホール『メガガイア調布店』がグランドオープンを果たし ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島