×

エンタテインメントコンテンツ事業が堅調、増収増益に ~セガサミーHD第1四半期決算

セガサミーホールディングスは6日、2022年3月期第1四半期の連結決算を発表した。

それによると、売上高594億4700万円(前年同期比プラス22.9%)、営業利益38億4400万円(前年同期は38億5100万円の営業損失)、経常利益34億8400万円(前年同期は40億9900万円の経常損失)、四半期純利益29億4000万円(前年同期は33億100万円の純損失)。コンシューマ分野、アミューズメント機器分野など、エンタテインメントコンテンツ事業を中心に順調な滑り出しとなり、増収増益となった。

遊技機事業においては、パチスロ機では「パチスロAngel Beats!」(1667台販売)と「パチスロガメラ」(7022台販売)の2タイトル発売し、販売台数は9554台(前年同期は485台)。パチンコ機では「P甲鉄城のカバネリ」(2875台販売)や「P北斗の拳8 救世主」(1万226台販売)など3タイトル1万5038台を販売(同177台)。売上高は103億6100万円(前年同期比プラス282.8%)、経常損失は14億9400万円(前年同期は85億3200万円の経常損失)。タイトル数は少なかったものの、構造改革効果等により損失幅が大幅に改善した。

エンタテインメントコンテンツ事業においては、コンシューマ分野、アミューズメント機器分野が好調に推移し、売上高474億4000万円(前年同期比プラス5.1%)、経常利益85億3300万円(同プラス3.1%)となった。

リゾート事業では、「フェニックス・シーガイア・リゾート」の施設利用者数は前年同期比で318.2%と回復したが、コロナ禍前の2019年4月~6月との3カ月比較では74.1%に留まった。また、海外の「パラダイスシティ」においても2021年1月~3月のドロップ額(テーブルにおけるチップ購入額)が前年同期比で24.0%、カジノ来場者数が同比51.5%となるなど、大幅な落ち込みが見られ、売上高15億5000万円(前年同期比プラス233.6%)、経常損失19億5900万円(前年同期は21億3500万円の経常損失)となった。

通期では、新規則機への入替が加速すると見込まれる第3四半期以降に主力タイトルを含む新作を集中的に投入し、パチスロ10万1000台、パチンコ10万3000台の販売を計画。2022年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、売上高3120億円、営業利益200億円、経常利益200億円、純利益140億円を見込む。

セガサミーホールディングス株式会社


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」