×

オーイズミ第1四半期決算、「パチスロひぐらしのなく頃に祭2」の再々販完売により増収増益

オーイズミは12日、2022年3月期第1四半期の連結決算を発表。それによると売上高28億9100万円(前年同期比プラス22.2%)、営業利益5億7400万円(同プラス148.0%)、経常利益5億9700万円(同プラス173.1%)、四半期純利益4億1400万円(同プラス183.0%)と増収増益となった。

周辺設備機器部門においては、先行き不透明な状況からパチンコ店の設備投資スタンスは依然として抑制的で、販売状況は大変厳しいものとなった。一方で遊技機部門においては、前期に市場投入した「パチスロひぐらしのなく頃に祭2」が、市場の高評価を受けての再々販完売となり、業績に貢献。その結果、機器事業は売上高15億8200万円(対前年同期比プラス77.3%)、セグメント利益3億2600万円(前年同期は200万円の利益)と大幅な増収増益となった。

また、食品事業においては、主に蒟蒻類、蒟蒻ゼリーを主力商品に更なる拡販に向け、市場ニーズを捉えた新商品の企画、開発並びに新規顧客、新規ターゲットの開拓、広告宣伝、販売促進の強化による販路拡大に取り組んだが、売上高6億4200万円(同マイナス10.3%)、セグメント利益7200万円(同マイナス30.8%)となった。

なお、2022年3月期の連結業績予想については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、現時点での合理的な算出は困難だとして、引き続き未定とした。

株式会社オーイズミ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島