×

パチンコ業界ニュース ホール

玉屋、8月30日より本社ビル会議室で新型コロナワクチンの職域接種を開始

福岡、佐賀でパチンコホールを16店舗展開する玉屋(本社・福岡市中央区)は23日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を8月30日より開始すると発表した。同社と関連会社の従業員およびその同居家族の接種希望者に加えて、本社周辺地域の飲食店関係者、取引先企業に対してもワクチンの接種環境を提供し、約1000人の接種を予定する。

今回のワクチン接種は、医療法人社団誠仁会夫婦石病院(福岡市南区)の協力のもと実施するもの。職域接種を検討する中小企業にとってワクチンの打ち手の確保が課題となっていた中、日頃から地域医療の貢献に精力的に活動している同病院もワクチン接種で地域医療に貢献したい考えを持っていたこと、そして玉屋が実施してきた社会貢献活動を評価したことなどから、ワクチン接種への協力が得られたという。

ワクチン接種は平日18時から20時まで福岡市中央区の玉屋本社ビル会議室で実施し、8月30日から9月10日までの12日間で約1000人(1日あたり約100名を想定)に接種を行う。2回目の接種は9月27日~10月8日を予定している。

玉屋では「今回の職域接種の実施により、従業員の感染予防と地域の安全対策、お客様に安心して楽しんで頂ける環境づくりに繋げるとともに、感染拡大防止対策継続を徹底し、新型コロナウイルスの感染防止に努めてまいります」としている。

株式会社玉屋

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.