×

プローバグループ、広島県内のパチンコ店4店舗等で営業時間を短縮

広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどを展開するプローバグループ(本社・広島市安佐南区)は27日、広島県の緊急事態宣言が発出され、大規模施設における営業時間短種の要請に基き、時短営業実施店舗の追加を発表した。

追加されたのは『レオーネ』(広島市安佐南区)、『アクアプローバ』(広島市安佐南区)、『ビータプローバ』(広島市佐伯区)、『マリナプローバ』(広島県廿日市市)のパチンコ店4店舗のほか、ボウリング場「リネア24」、ゲーム「ファンタジア」、飲食店「びーたかふぇ」。実施期間は8月29日から9月12日までで、営業時間を9時から20時までとする。

同グループでは、運営する飲食店、フィットネスジムについてはまん延防止等重点措置に伴い、8月初旬より、20時までの時短営業を行っている。

プローバグループ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

今年3月9日、神戸市兵庫区にNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)が運営するパチンコホール『Sup ...

2

8月に新潟の遊技機販売会社が破綻した。その影響は存外に大きいと言われている。取引先のパチンコホールは ...

3

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島