×

パチンコ業界ニュース 業界団体

全遊振、第7回ウェブセミナーを開催

三井慶満顧問

全国遊技ビジネス振興会(全遊振)は9日、2021年第7回ウェブセミナーを開催した。

曽我部康二会長は冒頭の挨拶で、ワクチン接種の普及により年末頃までにこれまでの日常に戻るのではないかとの観測について言及した。

第1部では三井慶満顧問(MIDジャパン代表取締役)が「業界の今後の展望」を演題に講演。その中で、三井氏は2019年当時の業績に戻そうとしている企業があるのであれば、と前置きし「戻せる企業(店舗)は依然とかわらない価値を提供できるが、客数をもとにもどせない店は、出玉、機械、そして人件費など、これまでよりも一層のコスト削減に迫られる」とした。続けて、「業界では、2022年1月末に旧基準機が撤去となり、新たな時代が到来する。その時、リベンジ消費に業界挙げてどう対応していくかが重要」とした。また、「4円パチンコが2019年の状況を超えている。ただし、緊急事態宣言の延長の中では、主要な都市圏は伸び悩んでいる状況。コロナワクチン接種の普及前線と同様に経済が活発化していく」とした。「消費税込だと60万円台という遊技機も出てくるようだが、お客様がホールを選ぶ基準は遊技機なのかという問題意識がある。遊技機、店の雰囲気、従業員の在り方について検証してみたところ、個々の店舗に合った投資バランスが重要」だとしたうえで、自身の検証の結果、機械の入替なしで、業績が上がった自店の例をあげ、ヒューマンな心(褒める・共感)に顧客は魅かれていく事に手応えを感じているとした。

その後、第2部は香りアドバイザーの伊東亜祐美氏、第3部はエスサポートの三木貴史代表取締役が講師を務めた。

全国遊技ビジネス振興会(全遊振)

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.