×

パチンコ業界ニュース 業界団体

全日遊連の阿部理事長、新型コロナ感染症対策に万全の体制を要請

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は17日、東京都港区の第一ホテル東京において9月定例理事会を開催した。

冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、依然として全国的に多数の感染者が出ている新型コロナウイルス感染症について、「ホールにおけるクラスターは確認されていないが、全日遊連が管理している『KENZEN777パチンコ・パチスロ健全化ネット』の『ぱちんこ業界へのご意見』において、ファンの方々から感染症対策に関する厳しい意見を多数いただいている」と述べ、寄せられた意見として「マスクの着用が徹底されていない」「入場時の手指消毒が徹底されていない」「開店前にできる行列について、遊技客同士の間隔を確保していない」「台間ボード等の設置がない」を紹介。さらに、喫煙可能な空間における遊技客同士の会話や密集に起因する感染リスクの上昇を懸念する意見も多数寄せられているとし、「お客様をお迎えするにあたって、万全な新型コロナウイルス感染症防止対策を行うことは私たちの責務。どうか気を緩めることなく、昨日付けで改訂しているガイドラインの遵守について、徹底していただけるよう、傘下組合員ホールに対しご指導いただきたい」と述べた。

また、遊技機の計画的撤去について「ここに来て新規則機の設置比率がきわめて憂慮すべき状況となっている」と危機感を示し、全国の組合員に対し旧規則機の計画的な撤去と適切な排出について、更に指導するよう協力を呼びかけた。

なお、東洋経済新報社のパチンコ業界担当記者の記者会見の申し込みがあり、今回の理事会より傍聴を行った。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島