×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

フィールズ、都遊協と合同で新型コロナワクチンの職域接種を実施

フィールズは24日、東京都遊技業協同組合(都遊協)と合同で、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施していることを発表した。

今回の職域接種は、遊技業界および同社グループに関わる全ての人の安心と安全の確保、業界の発展に貢献することを目的として実施するもので、対象者は都遊協加盟企業、近隣の県遊協加盟企業および同社グループの従業員・家族等の希望者約3000名。9月14日、16日、17日、29日、30日の5日間、東京都渋谷区のフィールズ本社内において実施する。なお、対象者への2回目のワクチン接種は4週間後の10月中旬以降に順次実施していく。

フィールズは「今後も社内外への感染拡大防止とお客様、関係者様、社員とその家族の安全確保を最優先に、行政や保健所による方針ならびに行動計画に基づき、迅速に対応方針を決定し実施していく」としている。

フィールズ株式会社

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島