×

パチンコ業界ニュース コラム

【寄稿】パチンコホールが遊技機で利益を上げるビジネスモデルは限界点にきている

遊技機1台あたりのコストは10年前の約2倍

遊技機の値段上昇が顕著であり、税込60万円になるものまで出てきた。それだけでなくむろん運送コストもかかる。重量化により梱包が2つになって、その分が増えた。箱を潰さずそのまま保持することにより倉庫代もかかるように。島設備の補強なども含めると、台当りのコストは10年前に比べ約2倍とも言われる。

その分ファンが増えれば良いのだが、残念ながらファンの数は半分。10年前と比較すると、実質的にファン1人が4倍もの負担をしている計算になる。

既に多くのホールが新台導入による利益捻出に限界を感じていることだろう。中古導入や撤去機の売買等で利益を確保している状態だ。この状況は、遊技機で利益を上げるというビジネスモデルの限界点に来ていることを示している。今後は遊技機以外でも利益を上げ、ファンを増やす機会を考えないといけない。

あるホールでは屋台を店の前に複数出店させ、賑やかしをしている。多くは近隣の飲食店。自店での売上減をパチンコ店での屋台出店により補填できていると喜ぶ。ファンも帰りに複数の店から選びテイクアウトすることができる。パチンコ店側も遊技機以外の魅力でファンを呼ぶことが出来るかも。正に三方良しの好例といえよう。

業界通Pの「聞一以知十」(日刊遊技情報2021年9月30日掲載)

コメント (12)

-パチンコ業界ニュース, コラム

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島