×

パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

ネットの沖スロ「チバリヨ-30」が各地で好評、増台へ

ネットは4日、今年6月より全国のパチンコホールへの導入が開始され、各地で好評となっているパチスロ「チバリヨ-30」が増台されることを発表。本日10月4日より随時、東海地方を中心に全国(九州・沖縄地方は11月から増台予定)のパチンコホールで本機の増台や新台入替が行われる予定だという。

「チバリヨ-30」は、花笠が点灯すればボーナス当選となり、ストップボタンを押すとボーナス図柄が自動で揃うパチスロ初心者にも安心の簡単仕様の沖スロとなっている。

通常時は、毎ゲームのボーナス抽選の他に、琉球チェリーが出現すればボーナスチャンスとなるゲーム性。琉球チェリーの出現頻度が増えればボーナスへの期待度が高ままる。また、花笠点灯パターンは全部で20種類あり、ビッグボーナスや内部モード、設定推測を楽しめる点灯・ボイスパターンが多数搭載されている。

ボーナス初当り確率は、240分の1(設定①)~189(設定⑥)。獲得枚数は、ビッグボーナスで約210枚、レギュラーボーナスで約90枚。ボーナス中は、予告音発生で1G連のチャンス。琉球チェリー停止やレインボーナビ発生、アンちゃんランプ点灯などでビッグボーナス1G連確定となる。

ボーナス終了後の32ゲーム間はサイドランプがキラキラと点滅し、ボーナスが揃うと天国モードチャンス。32ゲームが終了しても琉球チェリーが頻繁に揃えば引き戻しのチャンスだ。

さらに、パトランプが点灯すると「ビッグボーナス」+「ビッグボーナス確定の1G連」+「最高継続率90%」という天国モード最上位の「パトランプモード」に突入する。

ネット株式会社

コメント (0)

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島