×

「ミニミニモンスター」シリーズ最新作はドラム機 竹屋、パチンコ新台「PミニミニモンスタードラムVer」をリリース

竹屋は、同社の人気タイトル「ミニミニモンスター」シリーズ5作目となるパチンコ新台「PミニミニモンスタードラムVer」の機種情報を公開した。全国パチンコ店への導入開始は11月22日を予定する。

大当り確率125.55分の1のV-STタイプで、確変割合は特図1が約62.5%、特図2が100%(ST12回)。初当りは主に4R大当りとなり、消化後は確変or通常の「ドキドキゾーン」(12回転)+時短「モンスターチャンス」(13回転)に突入。継続率は69.2%。右打ち中は1000個獲得の10R比率が20%。

C時短を搭載しており、通常時362.1分の1で確率でC時短「ゾンビタイム」に突入。時短回数は50回(95%)、100回(4%)、最大200回(1%)となっている。

注目演出として「かぼちゃシャッター予告」「ミ・ド・マ予告」「化け化けゾーン予告」を搭載した。

株式会社竹屋


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

これは、4号機時代から打ち続け、大人になってからの大半を、パチスロの収入で生活してきた生粋のヘビーユ ...

3

三洋物産は3日、同社のスマートパチンコ(スマパチ)第1弾となるパチンコ新機種「e聖闘士星矢 超流星C ...

-新台, パチンコ業界ニュース
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島