×

9月度のホール企業の倒産は3件、負債総額は57億5400万円 ~TSR調べ

東京商工リサーチ(TSR)はこのほど、2021年9月度の主なパチンコホール経営会社の倒産状況を公表した。

それによると、9月の倒産件数は3件(前年同月は1件)で負債総額は57億5400万円(同1億5000万円)だった。9月に倒産した主な企業として、株式会社KH(高知県)、株式会社たから屋(群馬県)、GLK株式会社(栃木県)を挙げている。

また、2021年上半期(2021年4月~2021年9月)の倒産件数は6件(前年同期比プラス2件)で、年度上半期としては3年ぶりに前年同期を上回ったが、15年、16年同期(5件)に次いで、過去20年間で3番目の低水準となった。負債総額は61億2800万円(同マイナス38億6600万円)。上半期としては2年連続で前年同期を下回り、平均負債額は半減した(24億9800万円→10億2100万円)。

東京商工リサーチ(TSR)


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

2

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

3

『いちえん本舗河内天美店』 4月30日、大阪府を中心にパチンコホールを店舗展開するベラジオコーポレー ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島