×

『ベガスベガス栃木店』が栃木市と防災協定締結、災害時に立体駐車場を避難場所として提供

北海道および東北地方を中心にパチンコホールを店舗展開するベガスベガス(本社・東京都中央区)は、『ベガスベガス栃木店』が栃木市と「災害時における施設の提供に関する協定」を締結したことを発表した。

これは先の台風により車両の水没被害が発生したことなどを受け締結したもので、今後の災害時には『栃木店』の立体駐車場を避難場所として提供する。

ベガスベガスでは「地域に根差した営業を目指し、これを機に一層、災害対策への意識を高めてまいります」としている。

株式会社ベガスベガス


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

これは、4号機時代から打ち続け、大人になってからの大半を、パチスロの収入で生活してきた生粋のヘビーユ ...

3

三洋物産は3日、同社のスマートパチンコ(スマパチ)第1弾となるパチンコ新機種「e聖闘士星矢 超流星C ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島