×

パチンコ業界ニュース 業界団体

広島県遊協、経営者等健全営業推進研修会を開催

広島県遊技業協同組合(広島県遊協)は15日、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島において「経営者等健全営業推進研修会」を開催。組合役員や経営者、管理者・店長等232名が参加した。

冒頭、延川章喜理事長は「新型コロナウイルス」と「新規則機への入替問題」について考えを述べた。新型コロナウイルスについては、ファンから遊技業界の感染症対策に対する厳しい意見が多数寄せられているとし、「お客様は我々の新型コロナウイルス感染症対策について非常に敏感となっている。どうか改訂されたガイドラインを遵守して、ホールからは感染者は絶対に出さないという強い気持ちで営業活動を行って頂きたい」とガイドラインに基づいた感染症対策の徹底を求めた。

また、新規則機への入替問題については「パチンコ・パチスロともに人気機種は中古市場で高価取引が続いており、需要と供給がアンバランスな状況。新台価格は高騰し、中古機も価格が高止まりの中、私たちは来年2月1日を迎えなければならない」と業界を取り巻く厳しい環境に危機感を示した。一方で明るい話題として10月1日より「スマートパチスロ」、いわゆる「メダルレスパチスロ」の保通協受付けがスタートしたことを挙げ、「機械性能や関連コストなど詳細な情報は未だないが、低迷しているパチンコ市場にどうか風穴を開けて欲しいと思っている。今は苦しいが、どうか希望を持って、一致団結して、この難局を乗り越えて行きましょう」と述べた。

広島県警察本部生活安全総務課の林田辰男課長補佐が、業界の健全化の推進に関し「旧規則機の撤去」「のめり込み問題」「法令遵守」等について講話。その後、TOKUMARUの徳山泰成代表が「今、最も大事な事は『ミスをしない』事」という題目で、講演を行った。

広島県遊技業協同組合(広島県遊協)


  1. 匿名 より:

    広島は不思議な出方をする地域で、しかも広島特有の殿様商売経営。よくこれで健全とか言えたものだ。警察も他の地域よりもパチ屋に介入しまくり。いい加減にしてもらいたいものだ

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

編集部ピックアップ

1

株式会社ユーコーリプロ/金海基浩常務取締役 残り2ヶ月で100万台 最終撤去期限まで残り2ヶ月と迫っ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2021 パチンコ・パチスロ情報島